プロミスで即日キャッシングしようと思うなら

キャッシングやカードローンをする際の信用に対する誤解

 

お金が足りなくなった時に便利なのがキャッシングです。いざという時に、すぐにお金を貸してくれる消費者金融はとても便利です。便利だからといって、消費者金融が誰にでもお金を貸しているわけではありません。お金を貸してくれるのは信用のある人だけです。この信用はどのように判断しているのでしょうか。信用の判断方法には様々なものがあります。

 

勤めている会社・肩書き・収入・銀行の預金額などです。どれくらいお金を持っていて、どれくらいの範囲までなら貸したお金が返ってくるか、ということを消費者金融は見ています。それでは、信用に対するよくある誤解を見ていきましょう。

 

キャッシングに対する誤解として、親や家族の収入を、自分の信用に考慮してもらえるということがあります。例えば親が会社の社長をしている・親が資産を持っている・妻の実家が堅い会社に勤めているなどは、キャッシングする際に全く考慮されません。お金を貸し付けるかどうかは、キャッシングを申し込んだその人の信用だけを判断します。申し込んだ人がお金を返せるかどうかが大事なのであって、親や親戚がお金を代わりに返してくれるとは消費者金融は全く見ていません。

 

もちろん妻・子供も同様で、キャッシングを申し込んだ本人ではありませんから、信用に影響しません。自分の身近にお金を持っている人がいるからといって、キャッシングしやすくなるということは絶対にありません。法律上、お金を借りたい人以外の人はお金を返す必要はありません。例外として保証人になったり、相続をしたりした場合には他人の借金を返す羽目になります。それ以外では、キャッシングを申し込んでいない人は何の関係もありません。

 

ただし、専業主婦のキャッシングがあります。専業主婦の場合、お金を稼いでいるわけではありません。そのため信用がないはずですが、亭主の収入証明書を提出することで、例外的にキャッシングができます。お金を申し込んだ本人以外の信用が考慮される珍しい例外だといえます。

 

便利なキャッシングですが、上に説明したように信用がなければ、お金を借りることができません。キャッシングでお金を借りたい方は、自分に信用があるのかどうか、どうすれば信用を高めることができるのかどうかを考えてみると面白いかもしれません。消費者金融など金融機関は、スピーディーにお金を貸してくれるように見えても、しっかりとお金を返してくれる人だけにお金を貸しているのです。